水やりは植物を育てる基本ながら奥が深い

自宅で野菜

野菜づくりの水やりの役割

庭

野菜の根っこに水を吸収させる

植物の根っこが水を必要な分だけ吸収するというのが、水やりの目的であることは皆さんご存じかと思います。しかし、必要な分だけという加減が非常に難しく、水をあげすぎてもあげなすぎても野菜の状態は悪くなってしまいます。水やりは基本でありながら奥が深いのです。自分が水やりをしやすいように、じょうろやホースなどの農業資材を用意すると良いでしょう。

植物に酸素を供給

野菜の根っこから吸収するのは、なにも水分だけではありません、植物は根っこから酸素も吸収するのです。酸素がないと生物は生きていけないですよね。こういった理由からも、水やりが野菜にとっていかに大切かが分かるでしょう。

野菜の汚れやゴミを落とす

水やりには野菜の葉っぱの汚れや、付いているゴミを落とすという目的もあります。葉っぱが汚れている状態では光合成の効率が悪くなってしまうので、いつもきれいな状態に保たれていることが大事です。また、葉っぱが汚れていると病気などになりやすくもなります。

土の温度を下げる

夏などの暑い時期には、植物の根っこ部分の温度を下げてあげる必要があります。土の中や野菜自体を適度な温度に保つということが野菜づくりに大切なのです。

暑い日の水やりは注意

暑い日の水やりは早朝と夕方に行いましょう。日中に水やりをすると根っこが湯だって植物がだめになってしまう可能性があるからです。また、水分自体も蒸発し易いので、少し涼しくなった時間帯に水をあげましょう。

水やりをひとつで野菜の味が変わる

水やりのやり方ひとつで野菜の味が大きく変わります。水やりの役割をしっかり押さえ、植物のためになる水やりをしましょう。

初心者のためのガーデニングや野菜づくりの基本情報

庭

野菜づくりの水やりの役割

植物にとって水やりは必須です。水やりの役割を正確に知り、美味しい野菜を作りましょう。

READ MORE
種

初心者でも始めやすい野菜

野菜づくりは、比較的育てるのが簡単なものからにしましょう。育てるのが楽な野菜を知っておくと良いです。

READ MORE
植物

ベランダでガーデニングをしよう

有益な趣味としてベランダでガーデニングを始めてみませんか?ベランダでガーデニングするメリットを紹介します。

READ MORE
庭

野菜をベランダで採る

ベランダでも野菜は作れます。ベランダで作りやすい野菜をみていきましょう。ディナーに野菜が足りない時は、ちょっとベランダに出れば良いのです。

READ MORE
広告募集中